2017年5月12日金曜日

平成29年12月期第1四半期決算短信

国内のプレミアム会員数は前四半期と比較して3.8万人増加して、195.8万人。

売上収益の低下(前年同期比10.7%減)は、みんなのウェディング売却と、サービス開発優先のためディスプレイ広告を減らしたことによるもの。

国内の平均月間利用者数は、前四半期と比較して282万人減少し、6134万人。
海外は、前四半期と比較して321万人減少し、2938万人。
減少の理由は、イベントによる季節性と、主要検索エンジンのアルゴリズム変更。
特に国内は人口に対して利用者の割合が多くなり、季節による影響が顕著に。

グーグルのアルゴリズム変更に関して、世界的にも質の低い記事の量産でアクセス数を稼ぐ手法が横行しているそうですね。
翌日の株価は利用者数の減少を懸念してか10%近く下がりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿