2017年5月9日火曜日

企業の選び方と書籍紹介

私が重視するのは、企業に経済的な堀があるか、メガトレンドに乗れるかです。
具体的にはパット・ドーシーの『千年投資の公理』とマイケル・モーの『10倍株投資の実践理論』を参考にしています。

パット・ドーシーの『千年投資の公理』は4つの経済的な堀の構成要素を説明しています。
経済的な堀がある企業は、投下資本利益率の低下が緩やかなので長期的に株主資本を高められます。
①無形資産(特許やのれんなど)を持っている
②コストによる優位性に優れている
③顧客に他社製品に乗り換えることを躊躇させる
④ネットワーク経済

マイケル・モーの『10倍株投資の実践理論』は8つのメガトレンドを説明しています。
メガトレンドとは、成長業種に追い風を送る長期的な力で、未来の重要な成長企業の大半に見られる共通の特徴です。
①ナレッジ経済
②グローバリゼーション
③インターネット
④人口趨勢
⑤統合
⑥再編
⑦ブランド
⑧アウトソーシング

以前紹介したユニバーサルエンターテインメントとクックパッドについて考えます。

ユニバーサルエンターテインメントの場合、経済的な堀については①と②が当てはまります。
①無形資産(特許やのれんなど)を持っている
パチスロ機の販売には型式認定が必要で、また特許収入が多いことも有名です。
フィリピンではカジノの運営ライセンスを取得しています。
②コストによる優位性に優れている
最近ではセガサミーとの合弁会社設立がありました。

メガトレンドについて
②グローバリゼーション
エンターテインメント産業はグローバリゼーションの恩恵を受けます。
④人口趨勢
フィリピンは人口増加で経済成長、高齢化が進んだ外国からの旅行者も期待できます。

クックパッドの場合、経済的な堀については③と④が当てはまります。
③顧客に他社製品に乗りかえることを躊躇させる
今までクックパッドに投稿したレシピを、便利な新機能を有する競合が出現しても、すぐに移し替える可能性は低いと考えられます。
④ネットワーク経済
参加者が増えれば増えるほどレシピサイトの価値が高まり、経済的な堀を大きくします。

メガトレンドについて、②と③の影響を受けます。
②グローバリゼーション
③インターネット

0 件のコメント:

コメントを投稿