2017年6月20日火曜日

調査状況

岡田会長関連で新たに2件、不正の疑い。

平成26年2月、会長の資産管理会社は、韓国で土地を取得するために金融機関から8000万米ドル(約89億円)を借り入れた際、必要な社内手続きを経ずに、ユニバーサルの韓国孫会社が保有する8000万米ドルに担保権を設定した。
担保権は同年3月31日に解除されたが、会長の資産管理会社が支払うべき利息金約17万米ドル(約1888万円)に見合う金額がユニバーサルの韓国孫会社から出金された。

平成27年5月11日、必要な社内手続きを経ずに、ユニバーサルの香港子会社から1600万香港ドル(約2億円)の名宛人無記名の小切手を振り出し、同月14日、同社の銀行口座から1600万香港ドルを取得した。

0 件のコメント:

コメントを投稿