2017年8月7日月曜日

平成29年12月期第1四半期決算短信

オカダマニラの半年間の損益が見えてきました。
1月1日から3月31日は、約41億800万円の損失
4月1日から6月30日は、36億7000万円の営業損失(売上高は39億4800万円)

計算方法は以下の通り、色々と省略しているので正確ではありません。
連結決算日の変更に伴い、12月決算会社の1月1日から3月31日までの損益は、利益剰余金に直接加減することから、3月31日の利益剰余金(2368億2700万円)から6月30日の利益剰余金(2227億7700万円)を引くと140億5000万円、ここから6月の配当金(31億5500万円)と第1四半期の純損失(67億8700万円)を引くと41億800万円となります。

株主総会でオカダマニラは赤字だと聞いて心の準備はしていたのですが、思っていた程ではなかったというのが正直な感想です。
また訴訟に関して、マカオでの裁判は棄却されたとの追加情報がありました。

0 件のコメント:

コメントを投稿