2018年5月17日木曜日

ユニバーサルエンターテインメント 2018年12月期第1四半期

・オカダマニラの第1四半期は売上高8898百万円、営業損失1409百万円
・業界最大手のカジノジャンケットSuncity社とTak Chun社が第1四半期後半から営業を開始、VIP向けカジノが売り上げ増加
・成長加速と知名度向上のために、今後2年程度以内を目安に株式公開の準備
・ウィン・リゾーツ社の株式による利益は特別利益に計上
・5月14日に高金利の社債12億米ドルを繰上償還
・岡田美術館は、少なくとも美術品の寄託契約が切れる2023年10月までは運営を継続

当ブログで国内事業について触れないのは、衰退産業の業界大手であり、構造的に少ない資本投下で残存者利益を享受できるだろうという思いからです。

0 件のコメント:

コメントを投稿